【初心者必読】仮想通貨の始め方、徹底解説!

ビットコインFXとは?/仕組みと魅力について徹底解説!

ビットコインFXとは?

 ビットコインを始めとした「仮想通貨」をご存知の方は多くいらっしゃいますが、ビットコインFXの知名度は現在もそれほど高くありません。ですので、まずは「ビットコインFXとは何なのか?」についてお話しさせていただきます。

まずは、従来のFX(外国為替証拠金取引)を想像してみてください。「安いときにドルを買い、それが値上がりしたタイミングで売る。」というようなものです。

つまり、

「1ドル100円で100ドル(10,000円)購入し、1ドル120円の時に売却(12,000円)する。」

 この取引によって、「2,000円の利益」が発生しますよね。FXでは、こうした売買差益で利益を増やしていきます。ビットコインFXは、簡単に言ってしまえば「そのビットコイン版」です。

「1BTC100万円の時に5BTC(500万円)購入し、そのBTCを1BTC200万円のときに売却(1000万円)する。」

ビットコインFXでは為替同様に、こうした取引で発生する売買差益を利益とするわけです。

なぜ今ビットコインFX?

 「でも普通に仮想通貨を買えば、それで儲かるんじゃないの?」

 確かに、リップルやネム、ライトコインなどのアルトコインを買っておけば儲かるとは思います。しかし、それは「長期的に見れば」の話です。「仮想通貨はむちゃくちゃ儲かる!」そう聞いて仮想通貨投資を始めた方もたくさんいらっしゃるでしょう。しかし、それはあくまで「今までは・・・」のお話しです。

 私が仮想通貨投資を始めた頃は、まだCMもやっておらず、そもそも仮想通貨を知っている人が少なかったため、今よりも遥かに安く買えました。 リップルもネムも20円ぐらいで買えましたし、ライトコインも5000円ぐらいで買えました。

そしてしばらくして、テレビで取り上げられたり、取引所がCMを打ち始めたりしたお陰で、「仮想通貨を買いたい!」という人々が殺到し、リップルやネム、ライトコインなどのアルトコインが軒並み上昇していきました。

「買い手が殺到すれば価格は上昇し、売り手が殺到すれば価格は下落する」というやつですね。では、ここで一度考えてみてください。

「果たして、今現在から買い手が殺到する、ということはあるでしょうか?」

 もちろん、まだ仮想通貨について何も知らない人だって多くいると思いますし、仮想通貨投資を始める人はこれからもどんどん増えていくと思います。ですが、すでに50倍や100倍となっている通貨を買って「今から50倍、100倍オナシャス!」というのはいくら長期であっても現実離れした話だよね、ということです。

 だからこそ、後発組の方にはビットコインFXをお勧めしたいわけです。

今から50倍~100倍が狙えないのはビットコインもじゃないの?

 もちろん、その通りです。

ですが、ビットコインFXは証拠金取引、つまり「レバレッジ取引」が可能なのです。「レバレッジ取引(証拠金取引)」というのは、簡単に言えば「テコの原理」です。

 例えば、あなたが手元に0.1BTC(1BTC=200万と仮定)を持っているとしましょう。ここに取引所が定めている範囲内のレバレッジをかけます。(レバレッジに関しては自分で指定可能です)今回は手持ちの0.1BTCに5倍のレバレッジをかけるとしましょう。すると、純粋に手持ちの0.1BTCの5倍、つまり0.5BTC分の取引ができるようになります。

 この時、ビットコインが1BTC=210万になれば、5万円のプラスに化ける…というわけです。

レバレッジ取引とはこのように、小さな資金で手持ちの資金以上のお金を動かすことができる「テコの原理」のようなものなのです。もちろんこの時、動かす資金を5倍にするわけですから、損失が出てしまった場合も「本来の損失の5倍」になってしまいます。

 ちなみに中には、リップルやイーサリアム、ライトコインなどにもレバレッジをかける事ができる取引所も存在します。

参考記事:『ハイレバで追証ナシ!アルトFXも可能!|BitMEX(ビットメックス)の登録方法/特徴について解説

あわせて読みたい
ハイレバで追証ナシ!|ゼロカット対応、BitMEX(ビットメックス)の登録方法/特徴について解説  このゼロカット対応…というだけでもかなり大きいですが、BitMEXではレバレッジも100倍まで対応しています。つまり、資金の1...

損失も5倍なら、借金になる可能性あるよね?

 FXと言われてよく聞くのが、「レバレッジかけて借金地獄」とかですよね。しかし、実はどのFX、ビットコインFX取引所にも投資家を守るための「ロスカット」という制度があります。

ロスカットとは、「損失(含み損)が口座残高の○○%を超えたときに強制的に含み損を決済する」といったものです。(%の規定は取引所によって異なります。)つまり、損失額がある程度大きくなってくると、借金(追加証拠金)になる前に強制的に取引が終了するわけです。

 では、なぜ「レバレッジFXで借金地獄」という人が出てくるのでしょうか?どの業者にもロスカット制度があるのであれば、そんな話は出てこないはずですよね。

これは、「レート(価格)の急激な変動」が原因です。ストップロスは取引所によって自動で発動するわけですが、急激な変動の場合には発動が間に合わない時もあります。そういった場合に「借金(追加証拠金)」が発生してしまうわけですね。

「じゃあ、為替よりも値動きが激しいビットコインは、為替より借金になってしまう可能性が高いのでは?」

それは違います。なぜなら、一部の取引所ではロスカット制度だけでなく「ゼロカット制度」が採用されているからです。

ゼロカット制度って?

 ゼロカット制度とは、「急激な価格変動によってロスカットが間に合わなかった時、口座残高が0になったら取引を強制終了する」という制度です。

ロスカットではその発動が間に合わなかったり…ということもありましたが、このゼロカットの場合はその可能性はありません。つまり、ゼロカット採用取引所であれば、「入金した額以上の損失を背負う可能性はゼロ」と言うわけです。

 より内部的な部分をお話ししますと、ゼロカットであっても発動が遅れてしまう場合はあります。しかし、そうして発生した損失は取引所側の負担になります。ですから、ゼロカットに対応している取引所さんはゼロカットの発動が間に合わないと自分らが損をしてしまうので、暴落や暴騰にも耐えれるしっかりしたサーバーを使用している傾向があります。

サーバーがしっかりしていれば、その分暴騰、暴落時であっても注文が通りやすいので、リバ(急落後の戻し狙いの注文)狙いなども比較的容易に出来ます。つまり、サーバーが強いと、それなりに立ち回りの幅も増えるわけですね。

参考記事:『ハイレバで追証ナシ!|ゼロカット対応!BitMEX(ビットメックス)の登録方法/特徴について解説

あわせて読みたい
ハイレバで追証ナシ!|ゼロカット対応、BitMEX(ビットメックス)の登録方法/特徴について解説  このゼロカット対応…というだけでもかなり大きいですが、BitMEXではレバレッジも100倍まで対応しています。つまり、資金の1...

まとめ

 長々とお話しをしてきましたが、大体「ビットコインFXがどんなものなのか?」分かっていただけたでしょうか?ビットコインFXは、「FX=借金」という負のイメージからか、少し敬遠している方も多いようですが、実際はしっかりとした取引所選び、リスク管理が出来ていれば全く持って問題ありません。

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]
  • すでに爆発的な成長を遂げた仮想通貨が、今から「50倍100倍」は非現実的
  • 少ない資金でも、レバレッジ取引(最大100倍)であれば十分な利益が見込める
  • ゼロカット制度採用取引所であれば、入金した額以上の損失はないので安心
[/list]

 以上の3点より、後発組や少資金の人の方ほど、ビットコインFXを投資先の一部に組み込むべきではないか?と考えます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

当ブログの運営コンセプト

 「仮想通貨」と検索すると、出てくるのはアフィリエイトに特化させたハウツーブログばかり…。本ブログでは、元々専業としてトレードに取り組んでいた私、M.Kent(えむけん)が「読者にとって、継続的に役に立つブログ」を目指して運営していきます。