【初心者必読】仮想通貨の始め方、徹底解説!
bitbank

bitbank(ビットバンク)でのビットコインの買い方、徹底解説!

 本記事では、bitbank(ビットバンク)でのビットコインの買い方について解説していきます。分かりやすく解説していきますので、最後までお付き合いくださいね。

えむけん
えむけん
本記事ではbitbankだけでなく、今後絶対に使う「注文方法」についても解説しています!ぜひ最後までお付き合いください!

 すでにbitbank(ビットバンク)に口座を持っている前提でお話ししていきますので、まだ開設が完了していない方は下記記事をご参考ください。

参考記事:『手数料最安!国内最強の取引所|bitbank(ビットバンク)の登録方法/特徴を解説!

あわせて読みたい
手数料最安!国内最強の取引所|bitbank(ビットバンク)の登録方法/特徴を解説!  アルトコインはcoincheckやbitFlyerでも購入できます。しかし、それらはあくまで「販売所」です。 ですから、手数料も...

bitbankにログインする

 まずは、bitbank(ビットバンク)公式サイトにアクセスし、ログインしてください。

早速ビットコインを買っていきたいのですが、ビットコインの買い方は少し特殊です。知らないと損しかねないので、先に注文方法やその仕組みなどについて解説していきます。

 この注文方法については、今後アルトコイン投資でもFX投資でも利用するので、今のうちにしっかり理解しておきましょう!

取引画面の見方

注文板

 仮想通貨では取引をする際に、「板取引」と呼ばれるシステムを利用します。

赤枠が「売りたい人」による売り注文(売り板)青枠内が「買いたい人」による買い注文(買い板)で構成され、その中間が現在価格(黄色枠)になります。

 今回は「ビットコインを買いたい」ので、この買い板に注文を出す形になります。買い板には、上から順に「提示した価格が高い順に」並び、その順に売買が成立していきます。オークションみたいな感じですね。

注文方法

 では、次に注文方法について知っておきましょう。

bitbankの場合、注文方法は大きく分けて2種類あります。

  • 指値注文…「この値段まで下がったら買う!」

  • 成行注文…「今の売り板から欲しい分を買う!」

 この2種類です。

 指値注文は、「ここまで下がったら…」という条件付きなので、価格が落ちてこれば、今の価格よりも安くビットコインを仕入れることができますが、その反面、今の価格からそのまま上がっていってしまえば買えず終いになってしまう…というデメリットがあります。

 成行注文は、待たずともすぐに手に入るので楽ですが、その反面、板に並んでいる売り注文が少なかったりすると、買う量によっては一部割高で買うことになってしまいます。

実際に注文してみよう!

 さて、板の見方や注文方法について理解できたところで、実際に注文してみましょう!

指値注文の場合

 指値注文の場合、「今よりも価格がここまで下がったら…」という注文方法なので、左に表示されているチャートや黄色枠内の買い板を参考に注文価格を「価格」欄に入力します。続いて、「その価格で何枚分のビットコインを買いたいのか?」を「数量」欄に入力しましょう。

上画像の場合は、「ビットコインが746000円/枚まで下がったら、ビットコインを10枚買います」という注文ですね。

 このように、価格と数量の入力を終えると、「予想」欄に「その注文だと何円かかるのか?」が表示されます。(ここで、予想価格が口座残高以内に収まっていれば、その下の「注文」ボタンがクリックできるようになります。)

「注文」ボタンをクリックすれば、無事注文完了です。あとは、注文価格まで下がるのを待つだけです。

成行注文の場合

 成行注文の場合は、「欲しい枚数を今出てる売り注文(売り板)から買う」ということなので、左に表示されているチャートや黄色枠内の売り板を参考に、「数量」を入力しましょう。

上画像の場合は、「ビットコインを現状の売り板から1枚買う」という注文なので、

・749,489円で0.008枚

・749,499円で0.0878枚(合計0.0958枚)

・749,704円で0.0033枚(合計0.0991枚)

・749,898円で0.35枚(合計0.4491枚)

・749,899円で0.04枚(合計0.4891枚)

・750,000円で0.5109枚(合計1.00枚)

 といった感じで買い注文が成立します。

一見、デメリットだけが目立つ成行注文ですが、「今からビットコイン上がっちゃうから買っておきたい!」と予想できる時などに非常に有効です。

 売り板のビットコイン枚数が少ない時に大きい枚数の成行注文をしてしまうと、とんでもなく割高で購入してしまうことになります。必ず売り板の状況を見ながら注文数量を決めるようにしましょう。

注文が成立したか確認しよう

 無事注文を終えたら、「ちゃんと注文が成立してビットコインが買えたのか?」確認してみましょう。

確認方法は簡単です。先ほど注文したページの右下に「保有資産」という欄があります。ここの「ビットコイン」の欄に注文したビットコインの枚数が反映されていればOKです(参考画像は0枚になっていますが…笑)

 これでビットコインの買い方は完璧ですね!

指値注文、成行注文については、今後アルトコイントレードでも、BTCFX(ビットコインFX)でも必ず利用します。忘れないように覚えておきましょう!

 以上で、bitbankでのビットコインの買い方についての解説を終わります。

+α この後やるべきこと

他の取引所に送金してみよう!

 アルトコイン投資で効率よく利益を出すためには、取り扱いコイン数の多い海外取引所をメインに立ち回る必要があります。下記記事を参考に、海外取引所に送金してみましょう!

参考記事:『bitbank(ビットバンク)からの送金方法、徹底解説!

あわせて読みたい
bitbank(ビットバンク)からの送金方法、徹底解説! 本記事では、bitbank(ビットバンク)から他取引所への送金方法について解説していきます。 入力を誤ってしまうと、他人に送信されて...
ABOUT ME
M.Kent
投資歴8年目の専業。 FXとBO、アフィリエイトで生計を立てています。 2017年7月~原資1000万円にて仮想通貨投資開始。 現在仮想通貨資産8000万円弱(2018/7 時点)
当ブログの運営コンセプト

 「仮想通貨」と検索すると、出てくるのはアフィリエイトに特化させたハウツーブログばかり…。本ブログでは、元々専業としてトレードに取り組んでいた私、M.Kent(えむけん)が「読者にとって、継続的に役に立つブログ」を目指して運営していきます。