【無料】LINE@で分析結果を配信中!

【8月第2週(金)】暴落後の全戻し!ビットコイン大底確定なのか!?|テクニカル分析を元に解説

bitpoint

 こんにちは~!えむけんです。

今週は、一時5800ドルまでの下降を見せましたが、そこから再度6600ドルまで浮上しましたね!

Twitterでは、楽観派もいれば悲観派もいるような若干カオス状態になっていますが、ここからどういった展開を予想されるのでしょうか?

今回も現状のBTCを元にテクニカル分析していきたいと思います!是非、最後までお付き合いください!

えむけん
えむけん
何かいい通貨が見つかったら、LINE@で報告します!@mkentinvestで友達登録も宜しくネ!(自由気ままに更新します)

 本記事は月曜のおさらいも兼ねていますので、前回記事をご覧になっていない方は、まずはそちらからご覧ください。

参考記事:『【8月第2週(月)】ヨコヨコ大暴れで分析困難!?「注目は〇〇〇〇ドルだけ!」|テクニカル分析を元に解説

あわせて読みたい
【8月第2週(月)】ヨコヨコ大暴れで分析困難!?「注目は〇〇〇〇ドルだけ!」|テクニカル分析を元に解説 こんにちは~!えむけんです。 先週は、BTCが20万円以上暴落し、「リバなるか!?」ってところでしたね。  無事、軽いリバも出てき...

 

 

前回の答えあわせ

前回記事での予想

 前回の記事では、「前回の上げ止まった位置を参照すると、こういった逆三尊が想定できる。そのため6200ドルから現物を買っていこうと考えている」とお話ししましたね。

 結果、LINE@で共有したように、6200ドルから右ショルダーのヒゲ安値である6150ドル付近まで買い下がっていきました。

そこからどうなったでしょうか?

その後のチャート

 先週からこの白逆三尊→オレンジ矢印の展開を想定し、左ショルダーの安値価格を元に、右ショルダーの価格を想定、それを元に現物を買い始めました。(オレンジ〇)

価格でいうと、6200ドルから6150ドル周辺まで買い下がっていった形になりますね。

 しかし、結果一時予想通りにリバったものの、微リバののち、短期のサポート抜けをトリガーにダダーッとなだれ込んでしまいました。

最安値の更新でSL注文を入れていたので損失こそは少ないですが、リバが弱く、短期チャートが三尊を形成したタイミングで利確しておいてもよかったかな~とちょっぴり反省してます笑

 さて、それでは今週の流れを復習したところで、ここからの展開に対するテクニカル分析を進めていきましょう!

 

ここからの展開を分析

長期目線

 まず、長期目線から振り返っていきましょう。

先日の5800ドル付近までの下げで「ディセンディングトライアングルの安値に触った・・・かな?」と思えるような展開になりましたね。

レートも5800ドル付近を底にし、数日間ずんずん上目線で突き進んできています。

「お?上げ転???買うしかないっしょ!」

 そんな声も聞こえてきそうですが、ここでの楽観は厳禁です。「乗り遅れるゥ~!」とあせって買うのではなく、戻り売りに警戒しながら、次回手を出すポイントを絞っていく必要があります。

では、次に短期目線を元に分析していきましょう。

短期目線

 さて、短期目線ではこんな感じです。結構複雑なので、段階的に分析、考察していきましょう。

・「逆三尊の否定」

 上でもお話しした通り、月曜に想定していた逆三尊パターンを否定しましたね。この6200ドルを下抜けによって、いろいろと目線の変更をする必要があります。そのため、以下の考察のように考察してみました。

①レジスタンスの上抜け

 一時5800ドル付近まで下降するも、そこから大きく上昇に転じ、黄色のレジタンスラインを上抜けしました。

「レジスタンスの上抜け=買い」という安易なものではありません。しかし、少なくともレジスタンスラインの上抜けは「今までのリズムでの下降の否定」を意味します。

もちろん、下目線も想定しておくべきですが、今まで以上に上目線も視野に入れておく必要がある、と思います。

②上げ止まったポイント

 レジスタンスの上抜け後、上げ止まったポイントは「6550ドル」でした。この上げとまった位置によって、今後意識すべきチャートパターン、次の理想的な押し目などがわかるようになりますね。

③その後下げ止まったポイント

 6550ドルをつけた後、下げ止まったのが6200ドルでしたね。この6200ドルは、「直近の再安値である5850ドルから直近高値である6550ドルの半値ライン」に位置します。

 

この①~③を参考にすると、若干今後の立ち回りが見えてくると思います。

まとめ

 

 さて、ザックリまとめてきましたが、これらを元に実際にどう動いていくか?を考察してみました。

・6200ドル下抜け

→下目線変更+薄くショートを打ちたい。現物andアルトはノータッチ

・6550ドル上抜け

→上目線変更+現物買い

 大体こんな感じでしょうか。「6550ドルor6200ドルのどちらかをブレイクするまでは触るべきじゃない」というのが個人的な意見ですかね。

また、直近レートを参考に入るポイントなどを変更した場合には、LINE@などにて告知もしていきますので、是非お友達登録お願いします!

 LINE@、始めました!ブログや動画の更新情報、銘柄(アルトコイン)の分析結果などを無料で配信しています!上の画像をクリックして友達登録!

 

ABOUT ME
M.Kent
投資歴8年目の専業。 FXとBO、アフィリエイトで生計を立てています。 2017年7月~原資1000万円にて仮想通貨投資開始。 現在仮想通貨資産8000万円弱(2018/7 時点)
bitpoint