【無料】LINE@で分析結果を配信中!

【8月第1週(金)】『BTCが23万幅の暴落→リバ?』このリバ、信用していいの?|テクニカル分析を元に解説

為替FX

 こんにちは~!えむけんです。

今週はBTCがほぼノンストップで下落してばかりのインパクトのある1週間でしたね・・・。さて、そんな若干凍りついた雰囲気ですが、今日も今日とて分析していこうかと思います。

えむけん
えむけん
何かいい通貨が見つかったら、LINE@で報告します!@mkentinvestで友達登録も宜しくネ!(自由気ままに更新します)

 本記事は月曜のおさらいも兼ねていますので、前回記事をご覧になっていない方は、まずはそちらからご覧ください。

参考記事:『【8月第1週】BTCが15万円以上暴落!ここからどう立ち回ればいい?|テクニカル分析を元に解説

【8月第1週】BTCが15万円以上暴落!ここからどう立ち回ればいい?/テクニカル分析を元に解説!どうも、えむけんです。 アイキャッチに関してアドバイスを頂いたのでちょっとガツンとイメージチェンジしてみました!(ブログに関しては素人...

前回記事でのBTC予想

 月曜時点では、黄色ゾーンの「6800ドル周辺」が押し目になると予想していましたね。

これは、「前回の逆三尊ネックラインだけでなく、ヘッドから右ショルダーを結んだサポートライン(白)が交差するポイントのため、十二分に押し目として期待出来るポイント」だと踏んでいたわけですね。

正直、ここ以外に押し目になるポイント少なかったため、ここで一旦ショートカバーが入ってくると予想していました。

その後は・・・。

現在のBTC

あっさりと「6800ドル」を突き抜けてしまいました。。。

 万が一の緑矢印展開のためにも・・・と思い、現物だけ拾っていましたが、損切りが浅く済むポイントだった+ヘッジで薄くショートを入れていたこともあり、大怪我には至りませんでした。

 確証はありませんが、恐らく多くの人の視線が「6800ドル」になってしまっていたが故に、その上の6900~7000ドルでのレンジ展開に痺れを切らした突っ込みロングが増加し、最終的にそれが下げを加速させる燃料となってしまったんだと思います。

では、ここからの展開予想についてお話ししていこうと思います。

ここからのBTC展開予想

長期スパン(日足)

 現在、BTCはこんな感じで推移しています。

6800ドルを下抜けたものの、前回逆三尊の左ショルダー+右ショルダーの安値ポイントである6150ドルで下げ止まり、現在はリバ中?といった感じですね。

ここからは、「リバ勢VS戻り売り勢」のバトルです。

どっちが勝つかまではわかりませんが、ここからは「現在短期足で形成している上昇トレンドが、戻り売り勢の売り圧で崩されずに展開できるか?」がポイントになってきます。

先ほどチラッとお見せした4時間足を再度見てみましょう。

4時間足

 4時間足で見てもそこそこリバってるように見えますね。

しかし、6800を下抜けてしまった以上、展開的には下目線のほうが優勢であり、あったとしてもせいぜいヨコヨコぐらいです。

ヨコヨコに展開される場合は別に現物を拾う必要もありませんし、無理にFXでポジションを持つこともありません。ですから、あくまで下目線メインでお話しを進めていきますね。

 まず、戻り売りのポイントとしては、黄色ゾーンの「6800ドル」。ここは、右ショルダーの安値ポイントである6150周辺からロングを積んできたのであれば、「ここまで引っ張れれば御の字」と喜んで利益確定に走るポイントです。

更にいえば、私のように「6800ドルで止まる」と予想して、ショートを入れ損ねた人がいれば、サポートラインのレジスタンス転換ポイントということもあり、この6800ドルは「絶好の戻り売りポイント」にもなります。

利益確定の売りと新規ショートポジションが増えやすいポイント、つまり、「売り圧が二重に強まりそうなポイント」になるわけですね。

それらを踏まえてより細かい15分足を見てみましょう。

15分足

 今ちょうど、白い四角で囲んだ7140ドル~6100ドルの下落の半値ポイント付近ですね。このままここを頂点に再度下げ・・・という展開も十二分に予想されますから、6800ドルよりも、「まずはこの半値(緑ゾーン)である6600ドルを上抜けれるか?」が鍵になりそうです。

無事半値ラインを上抜けたところで、次に待っているのは黄色ゾーンの「6800ドル」です。一応ここが個人的大本命です。(もちろんここから先の短期足の展開にもよりますが)

 しかし、この6800ドルを上抜けることが出来れば、下げ展開よりもヨコヨコへの期待度が一気に高まります。具体的にいうと、「7300付近を上限にしたレンジの形成」も視野に入ってくると思います。

まとめ

 長くなってしまったので、まとめに入ります。

・7140~6100ドルの半値(6600ドル)を上抜けるか?

→抜けなかったら下目線継続

→抜ければ6800ドルまで放置

・6800ドルを上抜けるか?

→抜けなかったらガッツリ売りたい

→抜ければ、7300ドルまで視野

ざっくりこんな感じですかね。

 あくまで「現状の情報のみ」を元にした分析であり、今後の推移によっては目線が変わってくることもあると思います。ですので、あくまでテクニカル分析の参考の1つとしてお役立ていただけたらうれしいです。

 FX取引所をまだ開設していない方、または開設から6ヶ月以上経過した方は、下記ボタンからのお手続きで半年間取引手数料が10%オフになります。

参考記事:『ハイレバで追証ナシ!ゼロカット対応、BitMEX(ビットメックス)の登録方法/特徴について解説

ハイレバで追証ナシ!|ゼロカット対応、BitMEX(ビットメックス)の登録方法/特徴について解説  このゼロカット対応…というだけでもかなり大きいですが、BitMEXではレバレッジも100倍まで対応しています。つまり、資金の1...
 

 LINE@、始めました!ブログや動画の更新情報、銘柄(アルトコイン)の分析結果などを無料で配信しています!上の画像をクリックして友達登録!

ABOUT ME
M.Kent
投資歴8年目の専業。 FXとBO、アフィリエイトで生計を立てています。 2017年7月~原資1000万円にて仮想通貨投資開始。 現在仮想通貨資産8000万円弱(2018/7 時点)
為替FX